高齢者の尿路感染によく用いられる抗菌薬コトリモキサゾール(ST合剤)が、ワルファリン使用者において上部消化管出血リスクを有意に高めることが明らかになった。カナダToronto大学のHadas D. Fischer氏らが、集団ベースのネステッドケースコントロール研究の結果を、Arch Intern Med誌2010年4月12日号に報告した。

ログインして全文を読む