手洗いとマスク着用を適切に行えば、家庭内での季節性インフルエンザ感染を抑制できることが示唆された。香港大学のBenjamin Cowling氏らが実施した過去最大規模の前向きクラスター無作為化試験の結果で、詳細はAnnals of Internal Medicine誌電子版に2009年8月6日に報告された。

ログインして全文を読む