Helicobacter pylori(以下、H.ピロリ)感染と胃癌の関係は知られているが、除菌が胃癌に及ぼす影響は十分に明らかになっていなかった。イタリアBologna大学のLorenzo Fuccio氏らは、H.ピロリ陽性者を、除菌実施群と除菌なし群に割り付けて追跡した無作為化試験のメタ分析を行い、除菌により胃癌発症リスクが35%低下することを明らかにした。詳細は、Annals of Internal Medicine誌2009年7月21日号に報告された。

ログインして全文を読む