米国とオランダの研究者たちが、それぞれ別個に、フェレットを用いてブタ由来H1N1と季節性H1N1ウイルスの病原性と感染性を調べる実験を行った。用いられたウイルス株が異なり、飛沫感染効率については結果は一致しなかったが、病原性については、いずれもブタ由来H1N1の方が有意に強く、下気道での増殖能も高いことを示した。2つの論文は、Science誌電子版に2009年7月2日に報告された。

ログインして全文を読む