肺炎で入院した患者のうち、入院前にスタチンを使用していたグループでは、使用していなかったグループに比べて死亡率が有意に低いという結果が、大規模な集団ベースのコホート研究により明らかになった。詳細は、デンマークAarhus大学のReimar W. Thomsen氏らがArchives of Internal Medicine誌2008年10月27日号に報告した。

ログインして全文を読む