非誘発性の静脈血栓塞栓症(VTE)に対する抗凝固療法を中止する時期を見極めることは難しい。VTE再発リスクがわかれば、判断は容易になるだろう。カナダMcMaster大学のMadeleine Verhovsek氏らは、メタ分析を行い、治療中止後3週間から2カ月の時点で測定されたDダイマー値がリスクの予測に有用であること、Dダイマー陰性なら年間再発率は3.5%だが、陽性なら8.9%と有意に高いことを示した。詳細は、Annals of Internal Medicine誌2008年10月7日号に報告された。

ログインして全文を読む