高齢者を対象に甲状腺刺激ホルモン(TSH)レベルとアルツハイマー病の関係を調べた結果、女性のみ、ホルモン値が高いまたは低い場合にアルツハイマー病リスクが2倍以上になることが示された。米国Beth Israel Deaconess Medical CenterのZaldy S. Tan氏らの報告で、詳細はArch Intern Med誌2008年7月28日号に掲載された。

記事全文を読む