Helicobacter pylori感染者にプロトンポンプ阻害薬(PPI)と抗菌薬を併用しても、除菌に失敗する患者が増加している。標準的な3剤併用と、4剤を順次投与する方法の除菌率を比較した無作為化試験を対象に系統的レビューとメタ分析を行った結果、順次投与の方が有効であることが示唆された。米国Louisville大学のNadim S. Jafri氏らの報告で、詳細はAnnals of Internal Medicine誌2008年6月17日号に掲載された。

ログインして全文を読む