NSAIDS使用と脳卒中の関係を調べる集団ベースの前向き試験の結果、COX-2選択的なNSAIDのみならず非選択的NSAIDのナプロキセンでも、使用中には脳卒中リスクが有意に上昇することが示された。オランダErasmus Medical CenterのMendel D. M. Haag氏らの報告で、詳細はArch Intern Med誌2008年6月9日号に報告された。

ログインして全文を読む