肝硬変モデルのラットの肝臓星細胞に、コラーゲン特異的分子シャペロンを標的とする短い干渉性RNA(siRNA)を送達させることによって、ラットの肝臓の構造と機能を正常化できることが確かめられた。札幌医大の佐藤康史氏らの報告で、詳細はNature Biotechnology誌電子版2008年3月30日に掲載された。

ログインして全文を読む