医療事故が起こる頻度、その深刻度および原因などの情報収集は、患者の安全をより確かなものにするために極めて重要だ。米国Iowa大学のLauris C. Kaldjian氏らは、医療事故に関する報告を促進する要因、ためらわせる要因について調査し、報告を増やすために何をすべきかを探った。詳細は、Arch Intern Med誌2008年1月14日号に報告された。

ログインして全文を読む