フランス国立健康医学研究所のMarina Kvaskoff氏らは、メラノーマと子宮内膜症の関係を調べる大規模前向き研究を実施し、内膜症患者のメラノーマリスクは内膜症ではない女性に比べ1.62倍、線維腫患者でも1.33倍になることを明らかにした。詳細は、Arch Intern Med誌2007年10月22日号に報告された。

ログインして全文を読む