細胞の種類や層数を問わず、細胞を自在に積層化して培養する技術が開発され、既にヒトの血管と同じ構造を持つ“組織体”が世界で初めて構築された。再生医療での移植用組織や、創薬での薬剤の効果判定のモデルとしての応用が期待される。これは、大阪大学大学院工学研究科の松崎典弥氏らのグループが開発したもので、単層培養した細胞の表面に蛋白質のナノレベルの超薄膜をかぶせ、その上でさらに細胞を単層培養し、積層化していく。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の産業技術研究助成事業の一環として開発された。

ログインして全文を読む