腫瘍組織に血液を送り込む腫瘍血管をターゲットにした全く新しい治療方法の開発が、実用化に向けて動き出した。これは、患者自身の血液から採取した白血球(末梢血単核球)を血管前駆細胞へと分化誘導し、それを患者に移植することによって、未熟な腫瘍血管を成熟化(安定化)させ、癌組織内の血流を改善し、腫瘍を縮小させるという技術。旭川医科大学消化器・血液腫瘍制御内科学の水上裕輔氏らのグループが開発した技術で、既にマウスでの治療効果を確認している。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の産業技術研究助成事業の一環として開発された技術で、今後は、ヒトでの実用化を目指した技術開発が本格化する。

ログインして全文を読む