一般住民と条件をマッチさせて片頭痛患者の心血管疾患リスクを調べるコホート研究を行ったデンマークAarhus大学病院のKasper Adelborg氏らは、片頭痛は心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、静脈血栓塞栓症、心房細動または心房粗動のリスクを上昇させており、末梢動脈疾患と心不全では関係が見られなかったと報告した。結果は、BMJ誌電子版に2018年1月31日に掲載された。

 世界の人口の約15%が片頭痛に悩んでいるといわれており、発症率は思春期以降に上昇する。これまでにも、女性の片頭痛患者と、前兆のある患者においては、片頭痛と脳梗塞や虚血性心疾患の関係が示されていた。著者らは今回、片頭痛患者と一般集団における、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、末梢動脈疾患、静脈血栓塞栓症、心房細動または粗動、心不全のリスクを比較するために、デンマーク国民を対象にコホート研究を計画した。

 同国は、全国民を対象にした医療保険システムを税金で運営しているため、全ての医療機関の診療データを匿名化して調べることができる。まず、1995年1月1日から2013年11月30日までデンマークの全ての病院と外来または救急部門で、片頭痛と診断され

片頭痛は多くの心血管疾患の危険因子の画像

ログインして全文を読む