スコットランドAberdeen大学のChenhan Ma氏らは、肥満成人に対する減量介入の有効性を調べるために、ランダム化対照試験(RCT)を対象とする系統的レビューとメタアナリシスを行い、減量介入が総死亡リスクを減少させていたと報告した。結果はBMJ誌電子版に2017年11月14日に掲載された。

肥満成人への減量介入は総死亡率を減らすの画像

ログインして全文を読む