高感度心筋トロポニンI検査の有用性について検討した英国Edinburgh大学のAnoop S V Shah氏らは、救急部門を受診した患者のうち、どのような人々に検査を行うかによって、タイプ1心筋梗塞(MI)を診断する際の陽性的中率が大きく変動することを報告した。結果はBMJ誌電子版に2017年11月7日に掲載された。

高感度心筋トロポニンI検査を使う患者を選ぶの画像

ログインして全文を読む