心血管疾患による死亡の減少は世界的に起きているが、癌死亡率の変動には地域差が大きい。仏国際癌研究機関(IARC)のBochen Cao氏らは、1981年から2010年までの国ごとの癌死亡率の変化を男女別に調べ、40歳から84歳までの住民の平均余命に及ぼした影響について検討した。得られた結果は国によって癌対策の取り組みに格差があることを示唆した。詳細はBMJ誌電子版に2017年6月21日に報告された。

30年間の癌死亡率の変化が余命に与えた影響の画像

ログインして全文を読む