妊娠中の抗うつ薬の使用(特にSSRIs)が、子供の注意欠損多動障害(ADHD)のリスクに関係する可能性が示されているが、そうした関係を否定する報告もある。香港大学のKenneth K C Man氏らは、香港で出生した子供とその母親を対象に、妊娠中の抗うつ薬使用と、生まれた子のADHDのリスクを検討する住民ベースのコホート研究を実施し、交絡因子候補で調整すると、ADHDリスクの上昇は小さくなるため、もしも因果関係があるとしても、これまで報告された研究よりも影響は小さいと報告した。結果は、BMJ誌電子版に2017年5月31日に掲載された。

妊娠中の抗うつ薬と子のADHDは交絡因子のせいの画像

ログインして全文を読む