米Harvard大学医学部のSharan K Rai氏らは、The Health Professionals Follow-up Study(HPFS)のデータを利用して食生活の影響を分析し、DASH(Dietary Approaches to Stop Hypertension)食を実行している人では痛風のリスクが低く、反対に典型的な西洋食を食べている人は痛風のリスクが高くなっていたため、痛風リスクが高い人にはDASH食が勧められると報告した。結果はBMJ誌電子版に2017年5月9日に掲載された。

高血圧対策のDASH食は痛風リスクを下げるの画像

ログインして全文を読む