閉経前の女性が子宮摘出術を受ける場合に、同時に卵巣組織を全て取り除けば、その後の卵巣癌は予防できる。しかし、虚血性心疾患などホルモンの影響を受ける疾患のリスクは上昇する可能性がある。英国Birmingham大学病院のJemma Mytton氏らは、全国規模の入院記録と死亡統計を調べ、卵巣を両方とも摘出した女性では卵巣を残した女性に比べ、虚血性心疾患や癌による死亡、総死亡などのリスクが上昇していたと報告した。結果はBMJ誌電子版に2017年2月6日に掲載された。

卵巣を温存すると総死亡リスクが低下するの画像

ログインして全文を読む