女優のアンジェリーナ・ジョリー(以下アンジー)が、2013年にNew York Times紙に寄稿した「My Medical Choice」と題された手記が、米国の女性の行動に及ぼした影響を調べた米Harvard大学医学部のSunita Desai氏らは、手記掲載後にBRCA検査を受ける女性が急増したが、検査を受けた女性に占める予防的乳腺切除術を受けた女性の割合は、手記掲載前より減少していたと報告した。詳細は、BMJ誌電子版に2016年12月14日に掲載された。

有名人の報道は影響大だが効果の保証はないの画像

ログインして全文を読む