近年は多くの生物学的製剤が開発され、関節リウマチ(RA)治療に用いられているが、主な診療ガイドラインは、生物学的製剤の処方を開始する前に、メトトレキサート(MTX)と他の合成疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARDs)を併用する試みを推奨していない。カナダCalgary大学のGlen S Hazlewood氏らは、無作為化試験を対象とした系統的レビューとネットワークメタアナリシスを行い、MTX+スルファサラジン+ヒドロキシクロロキンの3剤併用が選択肢として非常に有望であることを示した。詳細は、BMJ誌電子版に2016年4月21日に報告された。

MTXを含む3剤併用はRA治療に非常に有用の画像

ログインして全文を読む