大うつ病成人に対する最初の治療として、第二世代の抗うつ薬と認知行動療法(CBT)では有効性に有意差がないというデータが発表された。これは米ノースカロライナ大学Chapel Hill校のHalle R Amick氏らが系統的レビューとメタアナリシスを試みたもの。詳細は、BMJ誌電子版に2015年12月8日に報告された。

ログインして全文を読む