思春期のうつ病患者にパロキセチン(商品名パキシル他)が広く用いられるようになったきっかけの一つ、「スタディー329」は、論文の不適切性が後に指摘され大きなスキャンダルとなった。RIATイニシアチブは、未発表の一次データを入手してスタディー329を再解析。パロキセチンとイミプラミン(イミドール、トフラニール)は有効ではない上、有害事象リスクを上昇させることを明らかにした。

ログインして全文を読む