スウェーデンKarolinska研究所のHuan Song氏らは、1979年以降に癌以外の疾患で胃の内視鏡検査と生検を受けた住民ベースのコホート研究を実施。胃粘膜の変化が進むほど胃癌罹患リスクが上昇することを確認した。

ログインして全文を読む