ウェブサイトやスマートフォンのアプリなどに自分の症状を入力し、可能性の高い病名を知ったり速やかな受診が必要かどうかを確認する「症状チェッカー」サービスの利用が世界的に広まっている。しかし、その精度はチェッカー間で大きくばらつき、全体として十分なレベルにはないようだ。

ログインして全文を読む