カナダOttawa大学のAmber O Molnar氏らは、シクロスポリン(商品名サンディミュン、ネオーラル他)、タクロリムス(グラセプター、プログラフ他)、ミコフェノール酸(セルセプト他)の3剤について、先発品と後発品を比較した臨床研究のメタアナリシスを実施。後発品が明らかに劣ることを示すエビデンスはなかったものの、試験設計に難がある研究が多く、より質の高い研究により臨床転帰を比較すべきだと提言した。

ログインして全文を読む