慢性心不全に対する標準的な検査として広く実施されているナトリウム利尿ペプチド値の測定が、急性心不全の除外診断にも有用であることが分かった。

ログインして全文を読む