英語を話さない患者とのやりとりにおけるグーグル翻訳の有用性を26カ国語について検討したところ、正しく翻訳されたのは全フレーズのうち57.7%にとどまることが示された。英Nottingham小児病院のSumant Patil氏らが、BMJ CHRISTMAS 2014電子版に12月15日に報告した。

ログインして全文を読む