転倒以外の理由で入院した患者におけるその後2年間の転倒関連外傷による救急部門受診または入院リスクを予測するアルゴリズムが構築され、高い予測精度であることが確認された。米Massachusetts総合病院のVictor M Castro氏らが、BMJ誌電子版に2014年10月24日に報告した。

ログインして全文を読む