ベンゾジアゼピン(BZ)系薬剤の使用歴を有する高齢者におけるアルツハイマー病(AD)罹患リスクは、この薬剤の使用歴を持たない患者より43〜51%高いこと、使用量が多く、服用期間が長いほどリスクが上昇することが、ケースコントロール研究の結果として示された。フランスINSERMのSophie Billioti de Gage氏らが、BMJ誌電子版に2014年9月9日に報告した。

ログインして全文を読む