これまで主な原因は分娩時のトラブルだと考えられてきた脳性麻痺の発生に、遺伝的な要因も関与する可能性が、脳性麻痺患者がいる家族や親族に再び脳性麻痺患者が発生するリスクを調べた住民ベースのコホート研究の結果として示された。ノルウェーBergen大学のMette C Tollanes氏らが、BMJ誌電子版に2014年7月15日に報告した。

ログインして全文を読む