特にWHOが作成したAllergic Rhinitis and its Impact on Asthmaガイドラインに焦点を当て、入手可能な文献を対象に行われた小児のアレルギー性鼻炎に関するレビューの結果、罹患率は1割以上と上昇していること、アレルギー性鼻炎患者ではその後喘息を発症するリスクが非鼻炎児に比べて約7倍であることなどが示された。英Guy’s and St Thomas’ Hospitals NHS Foundation TrustのJames G Barr氏らが、BMJ電子版に2014年7月1日に報告した。

ログインして全文を読む