血清25-ヒドロキシビタミンD(25[OH]D)濃度と死亡の関係を調べた8件のコホート研究を対象にしたメタアナリシスの結果、25(OH)D 高値の人々に比べて低値の人々では、全死因死亡、心血管死亡のリスクが有意に高いことが示された。また、癌の既往がある場合、25(OH)D低値で再発リスクが有意に上昇していた。独German Cancer Research CenterのBen Schottker氏らが、BMJ誌電子版に2014年6月17日に報告した。

ログインして全文を読む