53歳時点で測定した握力、椅子からの立ち上がり速度、立位バランスを指標とする身体能力は、その後13年間の全死因死亡リスクと有意に相関することが、英国のバースコホート情報を得て行われた分析の結果として示された。英University College LondonのRachel Cooper氏らが、BMJ誌電子版に2014年4月29日に報告した。

ログインして全文を読む