60歳時に血清PSA値が1.0ng/mL未満だった男性には、それ以降PSA検診(スクリーニング)を勧める必要はなく、2.0ng/mL以上の男性ではPSAスクリーニングを行うことで前立腺癌を早期に発見できる利益が大きいことが、スウェーデン住民を対象としたコホート研究の結果として示された。スウェーデンGothenburg大のSigrid Carlsson氏らが、BMJ誌電子版に2014年3月28日に報告した。

ログインして全文を読む