抗不安薬もしくは睡眠薬の初回処方から7.6年の追跡期間中における全死因死亡リスクは、これらの薬剤を使用しなかったマッチするコホートの3倍以上になることが、後ろ向きのマッチドコホート研究の結果として示された。英Warwick大のScott Weich氏らが、BMJ誌電子版に2014年3月19日に報告した。

ログインして全文を読む