急性気道感染症患者に対して、調剤のタイミングは患者の判断に任せるなどの待機的処方により、抗菌薬の使用が減少し、かつ症状は悪化しないことがランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。英Southampton大のPaul Little氏らが、BMJ誌電子版に2014年3月5日に報告した。

ログインして全文を読む