喫煙の身体への悪影響はよく知られているが、メンタルヘルスとの関係は明確ではなかった。系統的レビューとメタ解析の結果、禁煙が不安、抑うつ、ストレスなどを軽減し、積極的な感情と心理的QOLを改善することが示された。英Birmingham大のGemma Taylor氏らが、BMJ誌電子版に2014年2月12日に報告した。

ログインして全文を読む