禁煙補助薬のバレニクリン(商品名チャンピックス)とブプロピオン(国内未承認)は、致死的または非致死的な自殺や自傷のリスクを上昇させないことが、大規模前向きコホート研究の結果として示された。英Bristol大のKyla H Thomas氏らが、BMJ誌電子版に2013年10月11日に報告した。

ログインして全文を読む