米国でも生後6カ月未満と青年期以降の成人の百日咳罹患が増加しており、乳幼児だけでなく11歳以上の国民に対しても百日咳ワクチンの定期的な接種が推奨されている。その有効性を評価した米Kaiser Permanente Vaccine Study CenterのRoger Baxter氏らは、有効率を53%または64%と報告し、より効果の高いワクチンの必要性を指摘した。詳細はBMJ誌電子版に2013年7月17日に報告された。

ログインして全文を読む