入院中に尿路カテーテルを留置された患者に対し、カテーテル抜去時に抗菌薬を予防的に投与すると、その後の症候性尿路感染症のリスクがほぼ半減することが示された。米Washington大学のJonas Marschall氏らによる系統的レビューとメタ解析の結果で、論文はBMJ誌電子版に2013年6月11日に掲載された。

ログインして全文を読む