重症インフルエンザ患者にオセルタミビルを倍量投与しても、標準用量に比べてウイルス学的転帰と臨床転帰に有意な改善がないことが、二重盲検のランダム化比較試験(RCT)の結果で示された。ベトナムSEAICRN熱帯病病院のJeremy Farrar氏らが、BMJ誌電子版に2013年5月30日に報告した。

ログインして全文を読む