美容目的の豊胸術により、乳癌の診断が遅れ、診断後の乳癌死亡リスクが上昇することが、系統的レビューとメタ解析の結果、示唆された。カナダLaval大学のEric Lavigne氏らが、BMJ誌電子版に2013年4月30日に報告した。

ログインして全文を読む