慢性胃食道逆流症(GERD)に対する腹腔鏡下噴門形成術は、5年後の時点でも薬物療法より良好なQOLをもたらすことが、英Aberdeen大学のA M Grant氏らの研究で示された。詳細は、BMJ誌電子版に2013年4月18日に報告された。

ログインして全文を読む