発熱期間や体温、頻呼吸、酸素飽和濃度などを組み入れた予測モデルが、発熱児における重症細菌感染症(SBIs)のリスク評価に有用であることが示された。オランダErasmus MC-Sophia Children’s HospitalのRuud G Nijman氏らが、BMJ誌電子版に2013年4月2日に報告した。

ログインして全文を読む