腰椎穿刺や硬膜外カテーテル挿入などの手技を超音波イメージングを利用して行うと、利用せずに行った場合に比べて失敗の相対リスクが約8割減少することが、カナダToronto大学のFurqan Shaikh氏らが行った系統的レビューとメタ解析で明らかになった。詳細は、BMJ誌電子版に2013年3月26日に報告された。

ログインして全文を読む