飽和脂肪酸の代替として多価不飽和脂肪酸の一種であるリノール酸の摂取量を増やすと、全死因死亡、心血管死亡、冠疾患死亡リスクが上昇する可能性が、ランダム化比較試験(RCT)で示された。米国立衛生研究所(NIH)のChristopher E. Ramsden氏らが、BMJ誌電子版に2013年2月5日に結果を報告した。

ログインして全文を読む