活動的な若者に発生する急性前十字靱帯ACL)断裂の治療において、早期に外科的な再建術を実施した場合と、まずリハビリを行い必要時に再建術を実施した場合で、5年後の転帰にほとんど差がないことが、無作為化試験で明らかになった。スウェーデンLund大学のRichard B Frobell氏らが、BMJ誌電子版に2013年1月24日に報告した。

ログインして全文を読む